運 動 部

 

野球部




 

 部員数はあまり多くはありませんが、野球と学業の両立を果たしながら、「一人ひとりの自立が勝利に結びつく」をモットーに毎日真剣に練習しています。硬式野球、高校野球の素晴らしさを体験したい人は、一人ひとりが[やりがい]をもてる前西高硬式野球部へ。練習試合や練習など、いつでも見学に来て下さい。

活動状況/戦況など

平成25年度   

第65回春季関東地区高等学校野球大会群馬県予選     

 

前橋西

市立前橋

中央中等

前橋西

 

   第95回全国高等学校野球選手権記念群馬大会         

 

伊勢崎興陽

前橋西

 

 

    

第66回秋季関東地区高等学校野球大会群馬県予選    

 

前橋西

伊勢崎工業

 

 

 

 

現在、2年生6名、1年生13名、マネージャー2名の21名で元気に楽しく活動しています。

 

昨年の春の大会、初戦の市立前橋高校戦では、2−2で迎えた9回表に1点取って勝ち越し、3−2という1点差の試合で勝利することができました。次の中央中等戦では、2点を先制されて、コツコツ2点を返して同点。しかし、7回表に2点タイムリーヒットを打たれてしまい、それが決勝点となって2−4で負けてしまいました。それでも、その後ベスト8までいった中央中等とわずかな点差の試合ができたことは貴重な体験になりました。

 

夏の大会、倒れそうになるぐらいの暑さの中、初戦の相手は伊勢崎興陽高校でした。試合の途中では、激しい雷雨で中断もありましたが、最後まで諦めずに戦いました。その結果、2−7で負け。非常に悔しい結果で終わってしまったので、この気持ちは次の夏の大会にぶつけたいと思います。

 

3年生が引退し、新チームが始まって約2ヶ月、秋の大会がやってきました。相手は、夏休みに行われたリーグ戦でサヨナラ負けをしてしまった伊勢崎工業高校でした。リベンジをする絶好のチャンスだと思い、「次こそは勝つぞ」という強い気持ちで試合に臨みました。試合は9回、3点をリードされてあとがなくなってしまいましたが、試合終盤に天候が崩れてきた影響で相手のミスなどもあり、一挙5点を取り、逆点することができました。しかし、悪天候による不利な状況はこちらも同じで、最後は3点を取られ、またもサヨナラ負けという結果になってしまいました。次の機会では必ずやリベンジができるように努力していきたいと思います。

 

公式戦での勝利というのは、とても難しいことです。緊張して思うように力を出せなかったり、予期せぬ事態が降りかかってきたりと、思うようにいかないのが公式戦だからです。その分、勝った時の喜びというのはものすごく大きいです。それなので、昨年の春の大会での1勝というのは、前西野球部にとって本当に大きな力・支えになっています。

これからも、公式戦での勝利を目指して日々の練習を頑張っていきます。